読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェラートが食べたい。

美容と仕事、恋愛とか?ロシア好きなわけではありません。

嘘だろおおお!(`皿´#)

「愛されたい、付き合いたいって、彼じゃないとだめなのかって言ったら、あながちそうでもないような気もするけど。

今一番いいなって思う人ってだけで。

それ以上でもそれ以下でもない。」

って昼間気付いて、気が楽になったのに、

 

病院の帰りに、ふといつもは行かないドラッグストアに寄って、レジ並んで呼ばれたらば、レジのお姉さんが

彼と同じ名字(-_-;)

しかも、

下の名前ひらがなにしたら私と一字違い

 

いや、そりゃたまたまだし、何か意味があるとか思わないけど、

そう居ない名字で、何なのこのタイミングっていう…

 

まるで私が前に進むのを阻害するかのような

 

何、そういう組織でもあるのか?みたいな(-_-;)

(ねぇし)

 

かつて、私が一番愛したと思う人への感謝と共感のワークをした後のこれっていう…

しかもお姉さんめっちゃ可愛かったし、笑顔素敵だったし

 

ぐああ、もうっっ(バンバンッ!(机叩く音)

 

ま、いいか…

今日は自分を責めない否定しないdayだもんね♡

 

…とりあえず、レシートの名前眺めとこっ(//▽//)♡

 

あ、そうか。

昼間思った「彼じゃなくてもいいのかも」っていうのを、心からそう思えてるかのお試しなのかもな、これ…

大丈夫。こういうことがあっても、「やっぱり私には彼なんだわ♡」なんて思ったりしませんから神様( ´∀`)

だって、彼にこだわってるの、もう疲れちゃったもん